さんLog

デジタルネタを覚え書き。

Amazon Fireタブレット

Amazon FireタブレットでGoogle PlayストアのAndroidアプリを入れる方法

投稿日:

Fireplayアイキャッチ画像001

今回は、Amazon FireタブレットにAndroidアプリを入れる方法を紹介していきます。

私がFireタブレットを利用して感じたことは、利用できるアプリが少ないということでした。調べたところ、他にAndroid端末があればGoogleplayアプリをFireタブレットに入れることができるとのことなので、試したところ無事に利用でき、とくに不具合も起きませんでした。ただし、試す方は各自自己責任で行ってください。

実際に利用した端末はFireタブレット『Fire HD 8(第6世代)』でFire.OSバージョンは『5.3.2.1』になります。

実際に試してAndroidアプリが動いた手順

  1. Android端末に入っているGoogleplayストアのapkファイルを保存
  2. PCにapkファイルを移動
  3. Amazon FireタブレットにGoogleplayストアをインストール
  4. Googleplayストアからアプリをインストール

スポンサードリンク

1.端末の設定

最初にAmazonfireタブレットの設定を『不明ソースからのアプリを入れることができる状態』に変える必要があります。これをしていないとGoogleplayアプリのapkがインストールできません。

Fireセキュリティ画像002

Fireタブレットの設定から『セキュリティ』を選択。

 

Fire不明ソースオン画像003

不明ソースからのアプリ』のチェックを入れ設定をONに。※Googleplayアプリをインストール後はOFFにしておいてください。

今回試した時はデバッグモードにはしていませんが、もしデータの受け渡しがうまくいかない時は端末をUSBデバッグモードにしてみてください。

Android端末をUSBデバッグモードにする方法

FireタブレットをUSBデバッグモードにする方法

 

2.Android端末からGoogleストアのapkファイルを保存

Android端末から必要なapkファイルを保存していきます。

今回、使用したアプリは『Apk Extractor』ですが同じようにapkファイルを保存できるのであれば何でも構いません。

アプリ『Apk Extractor』のダウンロード先
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ext.ui&hl=ja

 

Androidアプリapk保存画像004

Androidアプリapk保存画像005

 

アプリを起動して以下の4種類の必要なファイルを選択していきます。

  1. Google Play開発者サービス
  2. Googleアカウントマネージャー
  3. Googleサービスフレームワーク
  4. Google Playストア

4か所にチェックを入れたら上部にある保存アイコンを選択。これで必要なapkファイルを保存することができました。

 

3.apkファイルを移動

apkファイルの移動には『ファイルマネージャー』というアプリを使用しました。こちらも同じような機能であれば何でも良いと思います。

ファイルの移動にPCを利用する方法と、PCを利用しない方法があります。最初にPC利用の方を説明していきます。

アプリ『ファイルマネージャー』のダウンロード先
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alphainventor.filemanager&hl=ja

 

Androidファイル移動画像006

ファイルマネージャーを起動して『PCから接続』を選択。

 

PC接続画像007

『開始』するを選択。

 

PC接続画像008

PCのWebブラウザに書かれているアドレスを記入してファイル一覧画面へ。

 

PC接続画像009

『ExtractedApks/』フォルダを選択。

 

PC接続画像010

ここにある4種類のapkファイルをクリックしてPCへ保存。

これでAmazonタブレットに移動させる必要なapkファイルが保存できました。

 

PCを利用せずapkファイルを移動する場合

使用するアプリによってやり方は変わってきます。今回はアプリ『ファイルマネージャー』を利用したやり方です。

メインストレージ画像011

アプリを起動し『メインストレージ』を選択。

 

長押しコピー画像013

『ExtractedApks』を長押しして、下に出てくるコピーを選択。

 

SDとクラウド画像014

SDカード、またはクラウドにログインして、下にある貼り付けをすることで4種類のapkファイルを保存することができます。

 

4.Amazon Fireタブレットにapkファイルを移動

引き続きFireタブレットにGoogleストアアプリのapkを移動していきます。

 

ドライブFire画像015

PCとFireタブレットをUSBで接続すると、ドライブに『Fire』と表示されるのでここを選択。

 

内部ストレージ画像016

内部ストレージを選択。

 

Downloadフォルダ画像017

ここの『Download』フォルダの中に、Android端末から移動したGoogleplayアプリ関連のapkファイルを入れてください。

 

Downloadフォルダ内画像018

Android端末からPCに移動した以下の4つのファイルです。

『Google Play開発者サービス_com.google.android.gms.apk』
『 Googleアカウントマネージャー_com.google.android.gsf.login.apk』
『 Googleサービスフレームワーク_com.google.android.gsf.apk』
『 Google Playストア_com.android.vending.apk』

これでFireタブレットに必要なファイルを移動することができました。

 

5.FireタブレットにGoogleplayストアアプリをインストール

ここからFireタブレットにGoogleplayストアをインストールしていきます。

 

Fireドキュメント画像019

Fireタブレットのホーム画面にある『ドキュメント』を選択。

 

Fireローカルストレージ画像020

上のタブを『ローカルストレージ』にして『Download』フォルダを選択。

 

Fireローカルストレージ画像021

以下の順に選択してインストールを進めてください。

①Googleアカウントマネージャー

②Google Play開発者サービス

③Googleサービスフレームワーク

④Google Playストア

 

Fireアカウントマネージャー画像022

アプリインストール完了画像023

 

4つのアプリをインストールすると、Fireタブレットのホーム画面にGoogle Playストアのアイコンが表示されます。

 

playストア画像024

これでGoogle Playストアがインストールされました。

 

6.Google Playストアの利用方法と、試したアプリ

利用規約画像025

Googleplayストア画像026

Google Playストアを開くと最初だけ利用規約に同意する必要があります。ここからは通常のAndroid端末と同じようにGoogleアカウントにログインして利用できます。

 

Fireタブレットで試したAndroidアプリ

以下、実際にインストールして試したFireアプリストアには無いAndroidアプリを紹介していきますが、基本的に大多数のアプリが利用できるようです。

 

LINE画像027

Amazonアプリストアには無いLINEも通常通り利用できました。LINEビデオ通話も不具合は無かったです。

 

パズドラ画像028

パズドラもプレイできました。

 

Lightroom画像029

Lightroomモバイルアプリも利用できました。写真の同期も問題はなかったです。

 

Fireタブレットホーム画像030

以下利用できたアプリ

  • ツムツム
  • 白猫プロジェクト
  • 魔法使いと黒猫のウィズ
  • ドッカンバトル
  • ファイヤーエンブレムヒーローズ
  • クックパッド
  • AbemaTV
  • メルカリ

そのほかAndroidアプリであれば大体のアプリで問題なく動くようです。

ただし、不具合やエラーなどが起きるかもしれないので、利用は自己責任でお願いします。

スポンサードリンク

-Amazon Fireタブレット

Copyright© さんLog , 2017 AllRights Reserved.